赤ちゃんはどんどん大きくなっていきますので、今はちょうどいいサイズのベビー服でも、すぐに小さくなってしまいます。赤ちゃんの成長に合わせて、ベビー服を買いかえていくことが大切です。赤ちゃんの成長速度には個人差がありますが、一般的には月齢に応じて以下のようなサイズのものを選択すると失敗しにくいです。

まず新生時期~生後3ヶ月あたりですが、この頃の標準的な大きさは50~60です。はじめのうちは袖や裾にやや余裕があることが多いですが、ひと月ほど経つと次第にちょうどいい大きさになり、生後3ヶ月あたりにはきつくなることが多いです。ただ、成長速度は一人ひとり異なるため、3ヶ月を過ぎてもまだ余裕があるというケースもあります。

生後3ヶ月~半年あたりの赤ちゃんに適しているサイズは70が一般的です。まだ60で大丈夫の子もいますが、この頃にベビー服を新調するのであれば、先のことを考えて70を購入したほうが良いでしょう。反対に、この時期にしては平均より成長速度がはやい赤ちゃんの場合には、80のサイズのベビー服を購入すると、長く使用することが可能です。

生後半年~1年あたりには、トップとパンツが別々のベビー服を着る機会が多くなります。今後の成長を考えてワンサイズ大きいベビー服を購入すると長く着ることが可能です。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket